人気ブログランキング |

カテゴリ:みて、きいて、よんで( 29 )

都会の灯

わたしにはまだ、
知らない感情がある。

たくさんのことを見て、
たくさんのことを選んで。



まだ名前を
知らない気持ちを、

知りたい。
 
 
by kotobagram | 2014-11-09 23:47 | みて、きいて、よんで

くだんず2

演奏が終わったあと、
少しだけお話が出来た。

あの雰囲気が素敵だなと思う。

相手に緊張させないって、
なかなかできないことで…

玄さんの周りの空気は
説明がとても難しいけれど、

水の中で
ゆらゆらと体を預けて、
自由になるときの心地よさに似てる。

e0296994_0482496.jpg


サインまで貰った。

サインだけでいいのか聞かれ、
戸惑っていたら職業を聞かれ…(笑)
とっても良いリンゴになりました。

〈セットリスト〉
カーペンターズのカバー
悪口の歌
光の渦
ボンボヤージュ
風の輪郭
触れたいよ
木下一丁目
 
 
by kotobagram | 2014-10-29 23:48 | みて、きいて、よんで

くだんず

急いで仕事を終えて、
真悠子さんと待ち合わせて
福島市まで車を走らせる。

e0296994_0275932.jpg


KUDANZの玄さんに会いに。

活動休止前に福島で歌うのは、
これが最後だって言っていたから…
聴きにゆけてよかったな。

活動を辞めるわけじゃないけれど、
しばらく聴けなくなっちゃうから。

玄さんの歌は、
とても心地よい。

眩しすぎる
希望も、幸せも、
押し付けることなく。

気づいたらいつの間にか、
傍に寄り添うよっているような歌。

幸せに焦がれる不器用さが、好き。
by kotobagram | 2014-10-29 23:28 | みて、きいて、よんで

揺れる冬

私が初めて
玄さんのライブに行ったのは、
祖母が亡くなる少し前の11月だった。

その日は冬のくせに暖かくて、
うすいコートで仙台の街を歩いた。

夜になって、
会場のある長町へ。

柔らかい光の灯る店の中、
玄さんの歌が静かに夜を揺らした。

今でも鮮明に覚えているのが、『信じない』

行く末など信じない 君の未来も信じない
後の祭の最中で 壊したけりゃ粉々になるさ
ほら小雨のリズムで 時が浸食するよ


信じたくないことばかりで、
でも目の前に迫ることは現実で。
全部、全部、受け入れなきゃいけないと思ってた。

でもこの夜に、無理に、
受け入れなくてもいいと思った。

信じたくないから信じないとか
そんな消極的なことじゃなくて…

悪い予感を受け入れる怖さに崩れそうだった私は、
ただ怯えるんじゃなくもっと真っすぐに立てる気がした。

君の未来は信じないって、
逃げ出してるようだけど…
とりようによっては強い言葉。
私は祖母の未来は信じないって決めた。

言葉にはうまく出来ないけど、
あの夜確かに私は救われて。

玄さんの歌に出会えて良かったと思った。

だから、
水曜日に会えて嬉しかった。

私の大事な夜が戻ってきた。
 
by kotobagram | 2014-07-03 23:59 | みて、きいて、よんで

KUDANZ 2

最後は『触れたいよ』

実は初めて聴いた。
前からの曲らしいのだけど…
とても良かった。

切ない曲なんだけど、
なんだか愛しさもあって。

ずっとこのままでいいと
決めたのはいつの戯言と逃走
触れたいよ  触れたいよ
触れたいよ 触れたいよ そっと
触れたいよ


少しの間だけど
玄さんの声が聴けて良かった。

ライブが終わったあとに、少し話した。

e0296994_23542020.jpg


まるで前から知っているみたいに、
気さくに優しく話してくれる人だった。

是非行ってみてくださいね、って
お話したお店にも今日寄ってくらたらしく。

ますます、好きになった。
 
 
by kotobagram | 2014-07-03 23:58 | みて、きいて、よんで

KUDANZ 1

2日(水)は
お仕事を早くきりあげて、
KUDANZの玄さんに会いに福島へ。

ワンマンではないから
40分くらいの演奏だったし、
到着が遅れて2曲くらい聴き逃したけれど…

それでも、とても良かった。

「悪口はこそこそ裏で言うんじゃなくて、
面とむかって言わなきゃだよね、
でも歌にするくらいいいよね!」

そう言いながら『お気に召すまま』

『蕾』を揺れながら歌う玄さんが素敵。

新しいアルバムの中から、
私の好きな『風の輪郭』も聴けた。



多分玄さんにとっても、
思い入れのある曲なんだろうな。
丁寧に丁寧に歌っていた。
言葉のひとつ、ひとつ。

ああもう 冬がくるよ
胸を刺し殺す様な
君への愛
ああもう あの夏には
二度と戻れないと知っていたなら
うぬぼれる前に
知っていたなら


夏の気配を感じながら、冬のことを思う。

あの寒い日が、恋しい。
 
 
by kotobagram | 2014-07-03 23:53 | みて、きいて、よんで

さくら

同期と久々に会ってランチ。

山奥のお店に行ったので、
幸運なことに丁度桜が満開だった。

e0296994_223870.jpg


温泉地なので
途中に足湯があったりして。
知っていればタオル持ってきたのに。

桜の種類に詳しくないので
良く分からないけれど一際ピンク。

e0296994_223729.jpg


ぶらぶらと散歩。
e0296994_223650.jpg


同期は今年
花見をしていないらしいので、
一緒に見れて良かったなあ。
 
 
by kotobagram | 2014-04-27 22:02 | みて、きいて、よんで

芙蓉美ちゃんの歌声

先月の23日に
御倉邸で行われた、
プロジェクト福島のイベント。

その様子がアップされていた。

わたしの好きな
阿部芙蓉美さんも来た。



芙蓉美ちゃんの
囁くような歌声が好きだな。

この映像には映っていないけれど、
芙蓉美ちゃんの歌う潮騒のメモリーは
少しセクシーでドキドキした。

また芙蓉美ちゃんに会いたいな。
 
 
by kotobagram | 2014-04-06 01:07 | みて、きいて、よんで

ストーリーライター

iPodにいれたまま、眠っていた曲。

朝、
指が触れたみたいで
偶然車の中で流れた。

すっと染みこんでいくようで、
久しぶりに息をした気がした。




ささやかな願い事を叶えたい。

遠くに行きたい。

泣きながら、
誰かに好きって言って
ぐずぐずしながら焦がれたい。

楽に息がしたい。
 

 
  
by kotobagram | 2014-02-13 23:27 | みて、きいて、よんで

空飛ぶお客さま

東北六魂祭で、
福島はとても混んでいた。

いつもは静かな通りも、
人が溢れていて新鮮だった。

私も
ブルーインパルスの
飛行を見に行ってきた。

青い空に
ブルーと白い機体が映える。

機体から出る煙が
空をカンバスに模様を描く。

カメラに
収めきれないくらい
大きなハートも描かれてた。

e0296994_233247.jpg


松島の基地から
来てくれたらしい。

かっこよかったなあ…。
 
 
by kotobagram | 2013-06-01 23:03 | みて、きいて、よんで